キズ跡を少なめにほくろ除去【よどみのない肌を取り戻す】

CO2レーザーの実力

診察

施術跡を少なめにする

顔や体に出来てしまった目立つほくろは、出来るだけ早く取り除きたいものです。その場合、外科的な療法を利用しないといけないイメージが湧いてしまいます。確かに、人によっては麻酔や医療用ハサミを用いてほくろが出来た個所を切り取る手法を頭に思い浮かんでしまいます。そんな除去治療でも、クリニックを選べば施術跡が目立ちにくくなります。美容系のクリニックなら、CO2レーザーを用いた施術法が受けられます。光の力を利用すれば、コンプレックスに感じていた皮膚症状をきれいに除去できるのは確かです。

CO2レーザーでほくろ除去

CO2レーザーとは、照射箇所の細胞に含まれる水分を一瞬で熱エネルギーに変化させられる特殊な光です。肌に照射すれば、照射箇所の細胞内に含まれる水分だけ熱エネルギーに出来るので、他の細胞を傷つけずに済みます。CO2レーザー治療による出血量は、意外と少なめなのが特徴。細胞内の水分を熱エネルギーに変換すると同時に、周りの血管を熱凝固させてしまうので、大量に血が飛び出る心配が少なめです。そのため、施術後は、ほくろがあった場所に大げさな包帯を巻かずに済みます。

メリットばかりではない

傷口が目立ちにくい・手軽に利用できる印象を抱くCO2レーザー治療ですが、メリットばかりではないことを頭に入れていただきたいです。まず、ほくろのタイプによっては複数回の施術が必要となります。特に、幼少期からあるほくろの場合は、メラニン色素が根深い箇所に存在している可能性が高いので、複数回の施術を施す必要があります。また、施術を受けた後も油断は大敵です。CO2レーザーでほくろ除去をした箇所は、色素が沈着したりへこんだような跡が生じたりするケースもあります。なるべく除去後は経過観察を怠らないようにするのが望ましいです。外出時は、紫外線対策の為にテープで施術箇所を保護することも忘れずに行なっていただきたいです。

CO2レーザーで除去できるほくろ

CO2レーザーを用いたほくろ除去治療は、全てのほくろに対応しているとは限らないです。対象となるほくろは、皮膚に埋もれている箇所が比較的浅いオーソドックスなタイプ、イボのように盛り上がっているタイプです。これらのほくろなら、1回で除去可能か複数回に分けて治療を受ければきれいに取り除けます。ただし、悪性腫瘍だった場合はCO2レーザーでは除去が不可能です。診察で腫瘍だと発覚したら、すぐに外科手術へ切り替えるのが得策です。

看護師

重要な病院を探す方法

ほくろ除去を受けるなら、美容系の病院探しと適切な施術方法探しです。ネットで口コミや体験談の情報を閲覧するのも有効策ですが、ネットだけでなく実際に自身の目で本当に利用すべきかを見極めるのも大切です。

ウーマン

利用すべきところ

ほくろというコンプレックスから解放されるためには、病院で除去するのが手っ取り早いです。施術なら、美容系クリニックあるいは一般の皮膚科が挙げられますが、施術に関する理念や料金、術後の見た目が異なるので見極めが肝心です。

ドクター

ほくろ切除のQ&A

ほくろ除去治療を受ける前に、どのような施術方法があるのか、かかる費用はいくらほどなのか気になる人も中にはいます。こちらでは、美容外科でのほくろ除去治療方法に関するQ&Aを紹介します。

女性

治療も手軽に受けられる

ほくろ除去治療を受けた後は、普通に生活できるのか気になってしまいます。切除や除去と言う文言が付く以上、皮膚への負担が大きい印象を抱きますが、意外と日帰りで受けられ、メイクや入浴も問題なく出来ます。