キズ跡を少なめにほくろ除去【よどみのない肌を取り戻す】

ほくろ切除のQ&A

ドクター

ほくろ除去の施術方法の種類

ほくろ除去施術には、いくつかの種類が存在します。傷跡が目立ちにくいと評判を呼んでいるCO2やQスイッチレーザーは勿論、高周波あるいは電気を発するメス、外科的な療法による除去、くりぬき法と色んな種類があります。これらは、あくまで一例に過ぎず、美容系クリニックによっては扱っている施術法が異なるので、事前にどんな施術方法を実践しているのか確認する必要があります。ちなみに、ほくろ除去で傷跡が残りにくいのがレーザー治療、特殊メスを用いた療法。範囲が小さくて平坦、あるいは若干盛り上がっているタイプのほくろに有効な療法で、なるべく傷跡を目立たせたくない場合にうってつけです。

気になる費用はいくらかかるのか

ほくろ除去にかかる費用は、上記で挙げた施術方法を例に挙げると、レーザー系治療は安くて2,000円程、高額なところだと30,000円から40,000円程の費用がかかります。特殊メスだと6,000円から30,000円程の費用。外科的な療法は10,000円から30,000円前後の費用が生じます。これらは美容系クリニックによっては表示価格が異なるのは勿論、ほくろの状態や除去する目的によって保険が適応されるか違ってきます。これらの情報は、ネットの口コミやクリニック公式サイトでチェック出来ますが、病院のカウンセリングサービスなら実際に施術を受けた場合の費用はどれくらいなのかを把握できるので、詳しく知りたい場合は、専門家への相談あるのみです。

顔に出来たほくろの場合は刺激が強いですか

ほくろ除去では、主に局所麻酔を用いるケースが多いです。顔は、他の部位と違って知覚神経が集中している箇所であるので、局所麻酔では刺激が強く感じてしまいます。刺激のことが気になってしまい、中々ほくろ除去施術を受けるのを躊躇してしまいます。ですが、施術直前にあることをすれば、刺激を最小限に抑えられます。方法論として、直前に患部を冷たいもので冷却する、プラシーボを利用する、ペンレステープを施術箇所に貼り付けるのがおすすめです。患部を冷やすのと、思い込む力は知覚神経が集中している箇所への局所麻酔にはうってつけなので、直前に試す価値ありです。

セルフでも除去出来ますか

一応、セルフでもほくろ除去は可能です。専用のクリームを患部に塗れば徐々に目立ちにくくできる可能性を秘めています。しかし、ほくろは単なるメラニン色素の沈着か悪性腫瘍かが見わけが付きにくいものです。もし、悪性腫瘍だった場合は生命の危機に瀕してしまう可能性もありえるので、気になるほくろがあったらまず医師に相談してから判断するのが望ましいです。