キズ跡を少なめにほくろ除去【よどみのない肌を取り戻す】

利用すべきところ

ウーマン

コンプレックスから解放したい

ほくろは、出来た箇所によってはかっこよさやセクシーさを醸し出してくれるポイントになりますが、逆を言えばコンプレックスを作り出す可能性も秘めている皮膚症状でもあります。コンプレックスを解消したいと言うなら、医療の力で取り除くのが手っ取り早い解決手段です。しかし、病院でほくろ除去を受ける場合、費用はいくらかかるのか気になります。ほくろ除去をしてくれるクリニックは、美容系クリニックと一般の皮膚科が挙げられます。どっちとも着実に除去してくれるのは確かですが、治療に関する方針の違いや費用など、それぞれ異なる部分があるのでじっくり比較してからどちらを利用するか決めるのが望ましいです。

費用を安くしたい場合

まず、確認したいのが皮膚科。皮膚科なら、健康保険が適応されるので費用を安めに抑えられます。ほくろの大きさや施術の範囲によって、金額は変動しますが健康保険が適応される分、家計に負担がかかりにくいのは確かと言えます。施術方法は、麻酔とメスを用いた方法を行なう印象を抱きやすいですが、レーザーを用いているクリニックも存在します。リーズナブルさを重視したい場合は、皮膚科でほくろ除去を受けるのが望ましいと言えます。

出来栄えを重視したいなら美容外科

美容系のクリニックでのほくろ除去は、一般的な皮膚科と異なり健康保険が適応されにくいです。あくまで、美容に関連した治療を施すための施術をメインに扱っているからです。小さいほくろ程度なら、単品でレーザーを使った施術法などを利用すれば、ある程度費用を抑えられますが根が深いタイプのほくろなら、レーザー治療の他に電気メスあるいは外科的な療法を用いて施術を行なうケースもあります。ほくろの大きさや根の深さによって、費用は高額な金額になってしまいます。ですが、高額な費用がかかりやすいとはいえ、美容系クリニックの施術は施術後の見た目のことも考慮しているので、施術跡が目立ちにくくなるのは確かです。着実にコンプレックスから解放されたい場合は、美容系のクリニックでほくろ除去を受けるのがおすすめです。

まずは無料相談で

美容系クリニックでは、医師あるいは専属のカウンセラーに一度相談するのが望ましいです。術後の見た目にこだわるとはいえ、所属する医師の腕にはばらつきがあります。安心して身を委ねられるところかを見極めたいなら、カウンセリングで様子見をしておくのも一つの手段です。有料、無料のところがあるので、事前に確認しておくのも大切です。