キズ跡を少なめにほくろ除去【よどみのない肌を取り戻す】

治療も手軽に受けられる

女性

ほくろとは一体どんなものなのか

ほくろとは、いわゆる皮膚の一部にメラニンを作る細胞が集中している部分を指します。医学的には、先天性奇形と呼ばれますが、奇形と言っても体に何かしらの影響を与えるものではないです。よって、健康面に何かしらの悪影響をもたらすわけではないので、放置しても安全です。ものによっては、イボみたいに大きく膨れて見えるタイプのものもあります。イボに見えるタイプのほくろは、体に影響がほとんどない良性腫瘍である場合があれば、悪性の腫瘍であるケースもあるので直ちに除去した方が良いです。

ほくろ除去治療を受ける場合

コンプレックスで除去したい、あるいはなんとなく危なそうな印象のあるほくろを除去したい場合、美容外科や美容皮膚科で対応可能です。患部の大きさが小さめなら、1回のレーザー治療で周りの皮膚を傷つけずに取り除けます。ただ、気になるのがダウンタイムに関することです。治療方法によっては、ダウンタイムが長くなってしまうケースがあります。術後は、入浴は大丈夫なのか、メイクを施しても問題ないのか気になってしまうものです。ほくろ除去治療後は、一時的に表皮が失われている状態となっているので、患部を集中的に擦りすぎなければ無用な刺激を与えずに済むので傷跡が残りにくくなります。また、適度なケアも大切で、再び表皮が出来るまでは処方された軟膏を塗って患部を保護し続けるのが望ましいです。どういったケアが必要なのかわからない場合はクリニックに確認し、正しいケアの方法を学ぶと良いでしょう。